【まとめ】ワールドカップバレー2019概要・結果

ワールドカップバレー2019

9月14日からワールドカップバレー2019が始まります。
今年はバスケット、ラグビーのワールドカップも日本で開催。

長く日本で開催されているバレーボールだからこそ、いい結果を期待したいものです!
ここではワールドカップバレーの日程・結果と、楽しむためのポイントなどをお伝えします。

9月14日から一ヶ月、世界最高レベルのバレーボールを楽しみましょう!

ワールドカップバレー2019開催要項

日程

男子(11位)

10月1日(火)~10月15日(火)

日程 対戦国 順位 結果 会場
10/1(火) イタリア 3位 3-0 マリンメッセ福岡
10/2(水) ポーランド 4位 1-3
10/4(金) チュニジア 22位 3-0
10/5(土) アメリカ 2位 0-3
10/6(日) アルゼンチン 7位 3-1
10/9(水) オーストラリア 16位 3-0 広島グリーンアリーナ
10/10(木) ロシア 5位 3-1
10/11(金) エジプト 13位 3-2
10/13(日) イラン 8位
10/14(祝) ブラジル 1位
10/15(火) カナダ 6位

女子(6位)

9月14日(土)~9月29日(日)

日程 対戦国 順位 結果 会場
9/14(土) ドミニカ共和国 10位 3-1 横浜アリーナ
9/15(日) ロシア 5位 2-3
9/16(祝) 韓国 9位 1-3
9/18(水) カメルーン 17位 3-0
9/19(木) 中国 2位 0-3
9/22(日) アメリカ 3位 2-3 北海きたえーる
9/23(祝) ケニア 20位 3-0
9/24(火) ブラジル 4位 0-3
9/27(金) セルビア 1位 3-2 丸善インテックアリーナ大阪
(大阪市中央体育館)
9/28(土) アルゼンチン 11位 3-0
9/29(日) オランダ 7位 3-1
順位
順位 チーム 勝ち点
1 中国 32 11 0
2 アメリカ 28 10 1
3 ロシア 23 8 3
4 ブラジル 21 7 4
5 日本 19 6 5
6 韓国 18 6 5
7 ドミニカ 17 6 5
8 オランダ 17 5 6
9 セルビア 13 4 7
10 アルゼンチン 5 2 9
11 ケニア 3 1 10
12 カメルーン 2 0 11

見逃し配信にもバッチリ対応!

今回のワールドカップで楽しみなのは、見逃し配信ですよね?!
地上波(フジテレビ)に加えFODでも生中継!
さらにFODは見逃し配信もあります。
10月22日まで無料で観られるというだけに、FODに登録するしかないですよね。



MEMO
見逃し配信は放送後すぐではありません。
途中CMも入ったりします。

日本戦以外も!

SPORTS BULLなら、海外勢同士の試合も観られます。
もちろん見逃し配信もあるので、しばらくバレー漬け決定ですね。
参考 SPORTS BULL

観戦のポイント

個人的にワールドカップ注目しているポイントをいくつか挙げておきます。

試合形式

12チームによる総当たり戦で順位を決めます。
単に勝敗だけではなく、セットカウントにより勝ち点が付与されます。

3-0、3-1での勝利:勝者3ポイント、敗者0ポイント
3-2での勝利:勝者2ポイント、敗者1ポイント

同じポイントの場合、勝利数、セット数、得点率の順で順位決定

前回の順位は?

2015年に開催されたワールドカップの順位を調べてみました。

女子
1位:中国
2位:セルビア
3位:アメリカ

5位:日本
男子
1位:アメリカ
2位:イタリア
3位:ポーランド

6位:日本

と、男女共にいい位置にいることは確かです。
今年は前回以上に行けるかな?

2020東京オリンピックの前哨戦

今回のワールドカップは、来年の東京オリンピックのシミュレーションという意味合いがあります。
来年のほぼ同じ時期に東京で試合をやるので、練習や調整も今年と似た日程となるはずです。

今年、どこまでチームが熟成できたか?
世界との差はどの程度あって、あと一年でどれだけ課題を克服できるのか?
オリンピックでメダルを取るためにも、有意義な大会にして欲しいですよね。

ボールが変わる

ワールドカップから公式球が変わるそうです。

実はまだ私も触ったことありませんが、今までより重くなるらしいです。
これが日本有利になってくれればいいのですが。

中継を観る限り、これまでより明らかに重さを感じる音がします。
しっかり回転をかければ、以前より強いスパイクになりそう。

サーブ、レセプションはどのチームも課題だけど

よく試合のポイントで、サーブやレセプションが挙げられますが、それはどの国も同じ。
背が低く、どうしても身体能力に劣る日本こそ、サーブやレセプションの精度を上げたいことは事実です。

男女とも8月の親善試合を観たけど、サーブはもっと頑張って欲しいわーーー。

全日本女子:ベンチワーク

全日本女子は、木村沙織のような絶対的なプレーヤーがいません。
その分、選手の調子や相性で変えながら戦っている印象です。

で、これはいいことだと思っています。
レギュラーが固定されると、サブとの戦力差がどうしても出てしまいます。

しかし色々な選手が試合に出ていると、交代後に戦力が落ちるリスクが減ります。
攻守のパターンも多様になるので、状況により積極的に選手を入れ替えることができます。

反面、チームとしての成熟度が落ちるため、つまらないミスで失点というシーンも散見されます。
この熟成度が高まれば、日本独自の強さが出るような気がしています。

今まで以上に監督の采配やベンチワークがポイントになりそうです。

全日本男子:ミドルの決定力

男子はサイドの攻撃力は悪くないと思います。
特に石川祐希選手が進化しているのは頼もしい限り。

ただ、ミドルが弱い印象があります。
セッターが積極的に使っている意図は感じますが、もう少しスパイクやブロックで存在感があればいいんだけどなー。

終わったらVリーグ開幕

来年のオリンピックのために、Vリーグは巻きで開催されます。
女子は10月12日
男子は10月26日
って、女子は男子のワールドカップ中に開催かよ!

いずれにせよ、しばらくバレー観戦で忙しくなりそうですね。
今からものすんごく楽しみです。

オススメ本

これ、読んでみました。
単なる観戦ガイドでは終わらず、ポジション別サーブ攻撃の解説など実戦でも使える内容です。
週末バレーボーラーの参考書としても使えます!