【知っておきたい!】バレーボールのローテーションとポジション【6人制】

バレーボール6人制 ローテーション、ポジション

バレーボールでゲームをする際、ローテーションやポジションを全く知らない人がいます。
実はこれ、ちょっと困るのです。
わざわざローテーション知らないと言ってくれる人であっても、ゲーム中に細かな説明をしていられないので「こっちに移動して」だけで済ませがち。
細かく説明した方がいいとは思うけど、その日初めて会った人にあれこれ言うのも失礼ですし。。。

それなら言いたいことはここで伝えてしまおう!
ということで、ローテーションとポジションについて、ゲームをやる際に最低限必要な知識に絞って説明します
ローテーションとポジションの概念を理解して、よりバレーを楽しみましょう!

意外に簡単なローテーション

時計回りに移動するだけ

ローテーションは、その名の通り回るだけです。
【相手チームからサーブ権を取ったら時計回りに移動し、後衛になったタイミングでサーブを打つ】
それだけです。

サーブカットフォーメーション

相手がサーブを打つ場合、こちらは前衛も含めてサーブを取る必要が出てきます。
そのため、アタックラインより後ろでサーブを取るための準備をします。
個人開放の場合、前衛センター(=真ん中)の人がセッターというパターンが多いので、以下のフォーメーションになるはずです。

サーブカット時のフォーメーションは「W」型が基本です。

ローテーション自体は非常に簡単なのですが、サーブを打った後が問題です。

ローテーションしたのに、サーブを打ったら移動させられるのはなぜ?

移動したのに戻れと言われるのはなぜ?

などの疑問が出てくることでしょう。
これらの疑問は、ポジションが理解できればスッキリします。

ポジションの基本をおさえよう

ポジションは3つ

ポジションはレフト、センター、ライトの3つです。

コートにいる6人は、それぞれのポジションを決める必要があります。

ポジション別名

各ポジションには、それぞれ別名があります。

レフト

アウトサイドヒッター(OH)

センター

ミドルブロッカー(MB)

ライト

セッター(C)

オポジット(OP)

ウイングスパイカー(WS)
アウトサイドヒッター(=レフト)とオポジット(=ライト)のこと
バレーのTV中継を観ている方であれば、こちらの方が馴染みがあるかもしれませんね。
とはいえ、実際に開放バレーやバレーチームでポジション決めをする場合、レフト、センター、ライト(+セッター)という分け方が一般的です。

「対角」の関係

レフト、センター、ライトそれぞれに2人がつくことになります。
1ポジションの人が常に前衛にいるためには、位置関係を対角にする必要があります。

上記は比較的よくあるスタート時のポジションです。
例えばあなたのポジションがレフトの場合、同じレフトの人と対角の位置に着けばOKです。

ポジションを変わろう

ポジション移動のタイミング

サーブを打つ前は、本来の位置にいる必要がありますが、サーブを打った後は自由に動けます。
ポジション移動のタイミングは、サーブ権により変わります。

ポジション移動のタイミング

  • 自チームでサーブを打った直後
  • 相手のサーブを相手コートに返した後


上の図では後衛だけですが、前衛も同様にポジションの移動をします。
ラリーが終わりサーブを打つ前には、自分の元の位置に戻る必要があります

セッターがいる場合のサーブカットフォーメーション

上記のサーブカットフォーメーションは、ポジションを決めていない場合のフォーメーションでした。
ポジションを決めてゲームをする場合、セッターにサーブカットをさせないフォーメーションにする必要があります。

セッターが前衛でのフォーメーション

セッターが前衛の場合、サーブカットでも前衛の自分の位置に残り、その他のプレーヤーはサーブカットのために下がります。
以下のローテーションの場合、セッターは前に残り、対角のライトが前に来て「w」のフォーメーションを取ります。

相手がサーブを打ったら、セッターは前衛ライトに移動して、トスを上げます。

セッターが後衛でのフォーメーション

セッターが後衛の場合、セッター以外で「W」のフォーメーションを作ります。
セッターは自分のポジションから前衛の後ろ付近まで前に出て、サーブが来るのを待ちます。

相手がサーブを打ったら、セッターは前衛ライトに移動します。

セッターを入れたローテーションは、別記事でさらに詳しく説明しています。

まとめ

ポジションチェンジの基本はそれぞれのプレーヤーが得意な場所に移動するためのものです。
セッターを前衛に移動させるのも、セッターにトスを上げてもらうための戦略です。
開放バレーをやっている時に、さすがにここまで説明はできないので、この記事を参考に試してみてください。

もちろんポジションチェンジは国際大会でもやっています。
国際大会のレベルになると、もっと戦略的なポジションになっています。