ウイバレの中の人ってどんな人?

管理者プロフィール

ウイバレ管理者(zawa)は、1973年生まれの現役週末バレーボーラーです。

週末バレーボーラーとは
週末を中心に、仕事の合間にバレーボールを楽しむ人のこと。
週末にバレーボールをしなくても、趣味がバレーボールならOK!

ありがたいことに、中学生から今に至るまでバレーボールを趣味として楽しんでいます。

スペック
  • 身長:180cm
  • 体重:82kg
  • ポジション:WS, MB
  • 年齢:49才

何歳までアタッカーできるのか

「何歳までバレーボールはできるのだろう?」

例えばママさんのレシーバーとか、60歳超えてもコートに立つ人はいます。

では6人制で、部活経験者がブロックしたくなるような強いスパイクは、何歳まで打てるのだろう?

そんなことばかり考えています。

50歳でもできる、ただし

40代過ぎた頃、50歳オーバーの方と練習しました。
その方、男子ネット(243cm)でいいスパイクを連発しているのです。

私と変わらない身長なのに、いいスパイクを打っているのです。

これは衝撃でした。

その方と何が違うのか?

体つき。

私以上にしっかり鍛えていることが分かりました。

「しっかり鍛えることができれば、50歳超えても強打が打てるかもしれない!」

そのため筋トレ、ストレッチ、食事など試行錯誤する毎日です。

しかしまさか50歳近くまでバレーボールを続けているとは思いもしませんでした。

自己イメージ

低い自己イメージから始めたバレーボール。

気がつくとバレーボールのおかげで自己イメージが上がりました。

部活嫌い

バレーボールは中学生から。

部員が少なく、レギュラーになれそうだから、という理由だけでした。

望み通りレギュラーになりましたが、顧問のパワハラにうんざりして2年生冬に退部しました。

この顧問のおかげで高校でも部活に入る気にならず、帰宅部でした。

社会人バレー

大学生になり、社会人のバレーチームがあることを知りました。

企業など本格的な社会人チームだけではなく、草野球のように趣味でバレーボールをする場(草バレー?)があると言うのです。

まだネットのない時代なので、ミニコミ誌などを頼りに手紙や電話で連絡を取り、参加していました。

どの草バレーチームも共通して、熱いのです。

参加している人たちは年代も仕事もバラバラだけど、全員とてもバレーボールが大好き。

仕事の合間に時間を作って、わざわざバレーボールをするのですから当然です。

就職したら仕事漬けで、バレーボールどころか趣味の時間すらないと思っていた私。

仕事と趣味を両立している姿が、とても魅力的に見えました。

大学生の間、勝負にこだわるチームあり、楽しむチームあり、色々な草バレーチームにお世話になりました。

週末バレーボーラーに

就職した数年後、改めて草バレーを再開。

実際に週末バレーボーラーになると、より仕事が進むようになりました。
土日はどうしても休みたい!
と思うと必死に仕事をするからです。

また、好きなスポーツをしている時は仕事のことを忘れられるので、いい気分転換になります。
社会人、同じ趣味ということもあってか、学生時代以上に人間関係が広がりました。

エース

実は部活経験が2年程度でも、週1~2回数時間の練習とトレーニングを続ければ上達できるものです。

そのおかげで、チームのエースも経験できました。

学生の頃は、とにかく試合で勝つことだけを考えていました。

しかし草バレーでの試合は、メンバーとの協力がとてつもなく重要だということに気がつきました。

みなさん試合に出たいと思い、仕事や家庭を調整して参加してます。

その中でどのようにレギュラーを決めるのか。

勝てばいいのか?

全員に参加機会を与えるのか?

そんな中、期待されて送り出してくれたこと、多くのスパイクを打てたことは、とても幸せで恵まれていたと思います。

バレーボールを始めた頃の自信のない、低い自己イメージの自分が、草バレーのおかげで成長したことにも気付きました。

部活から外れたルートでバレーボールを続けていたので、大きな実績はありません。

しかし自分のやりたいバレーボールを続けられたこと、その中で上達し成長できたことは大きな財産です。

当たり前のことを

歳を重ねてもしっかり動きたいと思い、試行錯誤を続ける中で気付いたことは、

「当然のことを続ける」

ということでした。

トレーニング、ストレッチ、休養、栄養など、若い頃は気にしていませんでした。

ここ最近、それらを意識することで、まだチャンスがあると気がつきました。

次の週末の練習でベストが出せるように準備を続けていきます。

思うこと

もちろん周囲からは、珍しい目で見られます。

「よくその年齢で動けますね?」

50代のアタッカーは珍しい方かもしれません。

しかし人生100年時代と言われているのに、残り半分の人生はバレーボールが思い通りにできないのは、悲しくありませんか?

最後に、
バレーボールの機会を与えてくれるチームメイトと、
練習に気持ち良く送り出してくれる家族に感謝!