新しくなった2018/19 Vリーグ(V.LEAGUE)をまとめてみた

2018/19シーズンのVリーグが始まりました。
おかげで毎日、DAZN (ダゾーン)で見逃し配信を見ています。

始まったのはいいけど、新Vリーグについて今ひとつ分かっていないことに気がつきました。
ということで今回は、新Vリーグのシステムやチームについてまとめてみます。

いけね、V.LEAGUEが、正式名称ですね。

あわせて読みたい

【分かりやすい】2018/19 Vリーグ(V.LEAGUE) DIVISION1 大会要項

2020/07/14

2018/19 Vリーグ(V.LEAGUE) 男子 Division1 最新順位

2020/07/14

2018/19 Vリーグ(V.LEAGUE) 女子 Division1 結果一覧

2020/08/13

2018/19 Vリーグ(V.LEAGUE) 女子 Division1 最新順位

2020/07/14

V.LEAGUE概要

新しくなった点

新リーグの概要を見ると、V・プレミアリーグから大きく変わったのはホーム&アウエー形式とアジア枠です。

ホームゲーム&アウエーのメリット

これまでは都道府県バレーボール協会が試合の開催権利を持っていましたが、V.LEAGUEではホームチームが持つことになりました。
Jリーグのように、地域と密着した【おらが町の】チームとして応援してもらえると、試合は盛り上がりますよね。
さらに集客やグッズ販売などもチームでできるので、収益を上げる可能性は広がります。

既にBリーグ(バスケットボール)はホーム&アウエー形式です。
自治体の体育館からすれば、ホームではないバレーボールの試合より、ホームチームのBリーグに優先して貸したくなりますよね。
さらにTリーグ(卓球)も始まったし・・・
そんな事情も踏まえて、ホーム&アウエーを導入したのかもしれませんね。

アジア枠の狙い

地域は男女で変わりますが、アジア枠としてアジアの選手を一人入れることもOKとなりました。
今まで【助っ人外人】は、一人しか入れなかったのですが、優秀なアジアの選手も一人入れることができます。
アジアではバレーのプロリーグがないので、Vリーグをアジアにまで広げたいのでしょう。

目標はプロ化だけど・・・

バレーボールのビジネス化を見ると、最終的にプロ化を目指すようです。
バレーボールをビジネスとして成立させ、選手が自分の力で生活ができることは素晴らしいことです。
しかしJリーグ発足時点(1994年)にもプロ化の話が出ていたし、今回はBリーグがきっかけだし・・・

バレーボールはゴールデンタイムにテレビ中継ができるほどの人気があるので、収益のチャンスはあるはずです。
参加チームと連携しながら頑張ってもらいたいものです。

取得ライセンス

新リーグの概要下にある「ライセンス制度」を見ると、V1~V3に所属するためには、それぞれのライセンスを取得する必要があります。
V1、V2に共通して注目すべき部分を抜粋します。

行政がチームの取り組みを支援する姿勢を文書で具体的に示す

原則、自前のアリーナを保有する。
または優先的に使用できる体育館を確保できる。

つまり、ホームとして登録している地域の行政に支援してもらい、体育館を確保できることが条件になっています。

収容人数

さらに新リーグの構造を見ると、ホームゲームで平均収容人数を満たす必要があります。

V1 平均3,000人以上収容
V2 平均1,500人以上収容
V3 平均750人以上収容

平均3,000人以上収容できる体育館は少ないので、地方になるとBリーグと取り合いになりそうですね。

開催期間

男女、Divisionでそれぞれ開催期間が違います。

【男子】Division1

V・レギュラーラウンド

2018/10/26(金) ~ 2019/2/24(日)

V・ファイナルステージ

ファイナル6 2019/3/9(土) ~ 2019/3/24(日)
ファイナル3 2019/3/30(土) ~ 2019/3/31(日)
ファイナル 2019/4/6(土) ~ 2019/4/14(日) ※予定

【女子】Division1

V・レギュラーラウンド

2018/11/3(土) ~ 2019/2/23(土)

V・ファイナルステージ

ファイナル8 2019/3/2(土) ~ 2019/3/24(日)
ファイナル3 2019/3/30(土) ~ 2019/3/31(日)
ファイナル 2019/4/6(土) ~ 2019/4/14(日) ※予定

【男子】Division2

V・レギュラーラウンド

2018/11/10(土) ~ 2019/3/17(日)

【女子】Division2

V・レギュラーラウンド

2018/11/10(土) ~ 2019/2/24(日)

【男子】Division3

V・レギュラーラウンド

2018/11/10(土) ~ 2019/3/17(日)

V・ファイナルステージ

ファイナル6 2019/3/2(土) ~ 2019/3/17(日)

チーム

【男子】Division1

No. チーム名 ホーム 2017-18成績
1 パナソニックパンサーズ 大阪府枚方市 V・プレミアリーグ 優勝
2 豊田合成トレフェルサ 愛知県稲沢市
富山県氷見市
V・プレミアリーグ 準優勝
3 JTサンダーズ 広島県広島市 V・プレミアリーグ 3位
4 東レアローズ 静岡県三島市 V・プレミアリーグ 4位
5 ジェイテクトSTINGS 愛知県刈谷市
奈良県橿原市
V・プレミアリーグ 5位
6 サントリーサンバーズ 大阪府箕面市 V・プレミアリーグ 6位
7 堺ブレイザーズ 大阪府堺市 V・プレミアリーグ 7位
8 FC東京 東京都 V・プレミアリーグ 8位
9 大分三好ヴァイセアドラー 大分県大分市 V・チャレンジリーグⅠ 2位
10 VC長野トライデンツ 長野県上伊那郡南箕輪村
長野県飯田市
V・チャレンジリーグⅠ 5位

何でチャレンジリーグⅠの5位がいるの?

チャレンジリーグⅠ、5位のVC長野トライデンツがいて、1位の富士通カワサキレッドスピリッツがDivision1にいません。
よく見ると、富士通カワサキレッドスピリッツは、S1(V1)のライセンスを持ってないようです。
改めて、新リーグの構造を見ると、

入替戦の実施
※V2リーグはV1ライセンスを取得したチームが
入替戦に出場可能

とあるので、いくら強くてもライセンスがないとV1には昇格できないのです。

【女子】Division1

No. チーム名 所属地区 ホーム 2017-18成績
1 久光製薬スプリングス Western
Conference
佐賀県鳥栖市
兵庫県神戸市
V・プレミアリーグ 優勝
2 JTマーヴェラス 大阪府大阪市 V・プレミアリーグ 準優勝
3 トヨタ車体クインシーズ 愛知県刈谷市 V・プレミアリーグ 3位
4 東レアローズ 滋賀県大津市市 V・プレミアリーグ 4位
5 岡山シーガルズ 岡山県岡山市 V・チャレンジリーグⅠ 優勝
6 デンソーエアリービーズ Eastern
Conference
愛知県西尾市 V・プレミアリーグ 4位
7 NECレッドロケッツ 神奈川県川崎市 V・プレミアリーグ 5位
8 上尾メディックス 埼玉県上尾市 V・プレミアリーグ 7位
9 日立リヴァーレ 茨城県ひたちなか市 V・プレミアリーグ 8位
10 PFUブルーキャッツ 石川県かほく市 V・チャレンジリーグⅠ 準優勝
10 KUROBEアクアフェアリーズ 富山県黒部市 V・チャレンジリーグⅠ 3位

【男子】Division2

No. チーム名 ホーム 取得ライセンス 2017-18成績
1 富士通カワサキレッドスピリッツ 神奈川県川崎市 S2 V・チャレンジリーグⅠ 優勝
2 警視庁フォートファイターズ 東京都新宿区 S2 V・チャレンジリーグⅠ 3位
3 大同特殊鋼レッドスター 愛知県名古屋市 S2 V・チャレンジリーグⅠ 4位
4 トヨタ自動車サンホークス 愛知県豊田市 S2 V・チャレンジリーグⅠ 6位
5 つくばユナイテッドSun GAIA 茨城県つくば市 S1 V・チャレンジリーグⅠ 7位
6 埼玉アザレア 埼玉県川越市 S2 V・チャレンジリーグⅠ 8位
7 きんでんトリニティーブリッツ 大阪府大阪市 S2 V・チャレンジリーグⅡ 2位
8 東京ヴェルディ 東京都 S2 V・チャレンジリーグⅡ 5位
9 長野GaRons 長野県須坂市
長野県長野市
S2 V・チャレンジリーグⅡ 7位

【女子】Division2

No. チーム名 ホーム 取得ライセンス 2017-18成績
1 JAぎふリオレーナ 岐阜県岐阜市 S1 V・チャレンジリーグⅠ 5位
2 トヨタ自動車ヴァルキューレ 愛知県豊田市 S2 V・チャレンジリーグⅠ 6位
3 大野石油広島オイラーズ 広島県広島市 S2 V・チャレンジリーグⅠ 7位
4 群馬銀行グリーンウイングス 群馬県前橋市 S2 V・チャレンジリーグⅡ 優勝
5 柏エンゼルクロス 千葉県柏市 S2 V・チャレンジリーグⅡ 準優勝
6 GSS東京サンビームズ 東京都 S2 V・チャレンジリーグⅡ 3位
7 ブレス浜松 静岡県浜松市 S1 V・チャレンジリーグⅡ 4位
8 プレステージ・インターナショナル
アランマーレ
山形県酒田市 S2 V・チャレンジリーグⅡ 5位
9 大阪スーペリアーズ 大阪府大阪市 S2 V・チャレンジリーグⅡ 6位
10 ヴィクトリーナ姫路 兵庫県姫路市 S3 2018/19新規参入

【男子】Division3

No. チーム名 ホーム 取得ライセンス 2017-18成績
1 ヴォレアス北海道 北海道旭川市 S3 V・チャレンジリーグⅡ 優勝
2 近畿クラブスフィーダ 大阪府東大阪市 S3 V・チャレンジリーグⅡ 3位
3 ヴィアティン三重 三重県桑名市 S3 V・チャレンジリーグⅡ 4位
4 奈良NBKドリーマーズ 奈良県 S3 V・チャレンジリーグⅡ 8位
5 兵庫デルフィーノ 兵庫県尼崎市 S3 V・チャレンジリーグⅡ 9位
6 東京トヨペットグリーンスパークル 東京都 S3 V・チャレンジリーグⅡ 10位

さいごに

今までDivision1しか見ていなかったのですが、調べてみたらDivision2、3のチームにも興味が出てきました。
どうやらV.LEAGUE TVで視聴できるようです。

週末はV.LEAGUEを見て、練習。
平日は見逃し配信・・・
バレー好きには忙しくて楽しい季節になってきましたね!

-Vリーグ, 観る
-

© 2020 ウイバレ