ツーセッターのローテーションをチェックしよう!

ツーセッターローテーション

ツーセッターとは?
主にライトポジションの人が担当。
前衛ではアタッカー、後衛ではセッターを担当することで、攻撃力を上げるローテーションです。

以前キューバの男子がツーセッターをやっていた記憶がありますが、今はやっているのかな?
ということで今回は、6人制のツーセッターを解説していきます!

ツーセッターのお約束

ツーセッターと言うだけあって、約束ごとがあります。

  • セッターが2人コートにいること
  • 前衛ライトはアタッカー
  • 後衛ライトがセッター

これを頭に入れた上で、ローテーションを確認してみましょう。

後衛がセッターであること

オーソドックスなローテーションで確認してみましょう。
スタート時は後衛ライトである5番がセッターです。

ツーセッター スタート時点のポジション

5番がセッター

レセプションでは?

このポジションでレセプションをする場合、以下のポジションになります。

最初のレセプション

5番がセッター

このレセプションが終わり、ローテーションした時がポイントです。

【重要】ライトが後衛のタイミングで役割変更!

後衛になった2番がセッターになり、前衛になった5番がライトアタッカーとなります。

ライトの前後衛チェンジで役割チェンジ

2番ライトは後衛になるとセッターとして動きます。

ツーセッター ライトのポジション変更

ライトは前後衛で役割が変わるので、2番がセッター

そう、ツーセッターとは前後衛でライトがセッターになったりアタッカーになったりするフォーメーションなのです。

レセプションでは?

このポジションでレセプションをする場合、以下のポジションになります。

ツーセッター ライトのポジション変更後のレセプション

後衛セッターなので2番がセッター

ツーセッターのメリットとデメリット

メリット、デメリット
ローテーションが分かっていれば、ツーセッターもすぐ慣れるはずです。

ここまでまとめて思うのは、
「なぜ国際試合やVリーグではツーセッターが少ないのだろう?」
です。

ここからは、ツーセッターのメリットとデメリットを考えたいと思います。

ご注意
ウイバレ中の人の個人的見解です。

メリットはやっぱり攻撃力!

ツーセッター最大のメリットは、
常に前衛3人で攻撃ができる
という点に尽きます。

常に前衛3人で攻撃があるというのは、ブロッカーからすれば厄介です。

セッター2人のカバー効果

例えば後衛セッターがディグをした場合、前衛ライトがトスを上げることができます。
セッターが2人いるので、少々カットが乱れてもカバーしてくれる。
そう思えるだけで、守備への効果が上がったりすることも。

最大のデメリットは「時間」

ツーセッターのデメリットは、時間に尽きます。
チームとしての完成度を高めようとすればするほど、時間が必要になりがちです。

チームの熟成

週末バレーボールの場でいきなりツーセッターをすると、ほぼ失敗します。

  • セッターするはずなのに、アタッカーと思ってしまった!
  • パスを思わずライトアタッカーに上げてしまった!
それなりに経験をしているプレーヤーであっても、こういった「ツーセッターあるある」が多発します。

ツーセッターを機能させるには、ライトの2人が混乱しないこと。
その他アタッカー陣も「今誰がセッターなのか」を瞬時に判断する必要があります。

個人的な感覚では、セッター1人制よりもチームの熟成が必要な気がしています。

練習時間

ここまで解説して気付いたかもしれませんが、ツーセッターは担当する2人の負担が非常に大きいのです。
サインプレーを覚え、アタッカーとコンビを合わせるといったセッターの練習に加え、自身のスパイク練習も必要になります。

そのためトス・スパイク共にトップレベルを維持することは非常に困難です。

全日本でなぜツーセッターをやらないの?

ここまで考えると、Vリーグや全日本でツーセッターをしない理由が想像できます。

トップレベルでツーセッターが実現するとしたら、野球で言う大谷翔平選手のような二刀流プレーヤーが2人必要になりそうです。
仮に実現しても代わりがきかないというリスクもあります。

わざわざツーセッターにしなくてもリベロがトスを上げればいいし、オポジットがバックアタックも打てばいい。
そういった観点からも、Vリーグや全日本でツーセッターを見るチャンスは少ないかもしれません。

さいごに

ツーセッターは、ローテーションの応用編です。
機能するまで慣れが必要ですが、攻撃的でハマれば楽しいのは間違いありません。
チャンスがあれば、ぜひ試してみてください。

これを参考にツーセッターを試してもらえたら、ウイバレ中の人はとても喜びます!