必須アミノ酸【ハルクファクターEAA】の疲労回復効果は予想以上!

ハルクファクターEAAレビュー

EAAって何?
  1. 体内で合成できない9種類の必須アミノ酸のこと
  2. 筋トレ前中に飲む事により、筋肉の破壊(カタボリック)を防ぐ
  3. 翌日の疲労回復効果はバッチリ!
ダンベルトレーニングの悩みは、疲労の蓄積でした。
無理のない範囲でトレーニングをしているつもりでも、翌日以降も疲労が残ってしまうのです。
この状態でトレーニングをするとケガしたり疲労が蓄積されるので、二週間近く筋トレを休むこともありました。

週2~3回の筋トレを数週間したら、疲れがたまって二週間休む・・・?
これでは意味がありません。

そんな時、試しに飲んだハルクファクターEAAが予想以上の効果で驚きました。
ハルクファクターEAA

  • 筋トレ翌日も疲労感がない
  • 少々追い込んでも疲労感なし
  • おかげで毎週コンスタントに続けることができ、順調にレベルアップ
  • バレーボール時の疲労回復効果にも◎
筋トレ翌朝の倦怠感がなくなり、トレーニングも順調にできるようになりました。
あれだけ悩んでいたのに、まさかここまで効果があるとは・・・

ということで、ここではハルクファクターEAAを紹介していきます。

EAA(必須アミノ酸)は運動に欠かせない!

EAAについて
EAAとは必須アミノ酸(Essential Amino Acids)の略で体内で合成できない9種類のアミノ酸のことです。

9種類の必須アミノ酸
  1. メチオニン
  2. ロイシン
  3. スレオニン
  4. ヒスチジン
  5. フェニルアラニン
  6. リジン
  7. イソロイシン
  8. バリン
  9. トリプトファン
これらは食事で摂取する必要があるのです。
(しかしそんなに大事なものを、なぜ体内で合成できないのかな?)

MEMO
ちなみに反対の非必須アミノ酸なんてのも11種類あるそうです。

なぜ必須アミノ酸が筋トレに必要なの?

筋トレをするとまず炭水化物がエネルギー源になり、さらに脂肪も燃焼されます。
ここまではいいとして、たんぱく質もエネルギー源として使ってしまう点が問題です。

たんぱく質を貯蔵しているのは筋肉。
筋肉をエネルギー源にしたら、せっかく増やした筋肉が破壊されてしまいます。
これを防ぐのがEAAなのです。

アミノ酸を体内に増やすことで、筋トレによる筋肉の破壊(カタボリック)を防ぐ。
だからこそ疲労回復効果だったり身体作りに効果があるのですね。

BCAAとの違いは?

BCAAもアミノ酸の一部であり、実はEAAにも含まれています。

BCAAの成分
  1. バリン
  2. ロイシン
  3. イソロイシン
となると、EAA飲んでいればBCAAは飲まなくても良さそうな・・・

ただBCAAの3つのアミノ酸は筋肉を増やすために特に必要なもの。
それらを高濃度で摂れるので、使い方次第だと思っています。

EAAの使い方と注意点

トレーニング30分前とトレーニング中に飲んでいます。
注意点としては、一気にがぶ飲みしないこと。
飲み過ぎると下痢になるそうです。

私の場合、筋トレのインターバルに一口、ゴクッという感じで飲んでいます。
90分ほどかけて飲んでいるせいか、下痢にはなっていません。

NOTE
多めに飲むと、お腹がゆるくなります。

ハルクファクターEAAの特徴

特徴

注意
個人の感想です。
効果には個人差があります!
予想以上の効果だったので、ハルクファクターEAAを改めて調べてみると、しっかりパフォーマンスのサポートのために作られていることがよく分かりました。

トレーニングのためのこだわり

単にEAA入れました、ではなくトレーニングのための配合をしています。

トリプトファンの除外

まず感心したのは「トリプトファンを配合していない」点でした。
トリプトファンは睡眠に必要な物質だとは認識していましたが、トレーニングでは集中力の妨げとなるそうです。

ベータアラニン

さらにカルノシンの元となるベータアラニン配合も見逃せません。
カルノシンに抗酸化作用があることは知っていましたが、疲労回復効果は初耳でした。

カタボリックを防ぐEAAと疲労回復効果のあるベータアラニンの組み合わせは、トレーニングに効果ありそうな感じがジワジワしてきます。

人工甘味料不使用だけど…

個人的には人工甘味料不使用というのもヒットでした。
しかし味はイマイチ。

これをトレーニング中に飲み続けるのは辛い・・・
ということで、エクステンドも混ぜています。

MEMO
エクステンドの併用も、疲労回復に一役買っているかもしれません

どんな感じで使っているの?

ドリンクボトル
ハルクファクターEAAは筋トレとバレーボールをする時に使っています。
1リットルのボトルにEAAを入れて、それ以外に水を1~2リットルほど準備しています。

筋トレで使う場合

筋トレでは1リットルのボトルにエクステンドも入れています。

  • ハルクファクターEAA:6~7スクープ
  • エクステンド:1スクープ
これをトレーニング30分前に軽く飲むことにしています。

インターバルに一口ずつ

トレーニング中のインターバルに軽くゴクッと飲んでいます。
もっと水分が欲しい場合、別に準備した水を飲むようにしています。

EAAはあくまで疲労回復のために一口ずつ、
ゴクゴク飲みたい場合は水にしています。

これだけで筋トレ翌日の疲労感が違うので、本当に助かっています!

バレーボールで使う場合

バレーボールでは2~3時間ほど動くので、空腹でガス欠にならないようにCCDを入れています。
1リットルのボトルに・・・

  • ハルクファクターEAA:6~7スクープ
  • グリコ クエン酸&BCAA:1~2袋
  • グリコ CCD:9杯分
これもインターバルに一口程度摂取しています。

NOTE
EAAとBCAAで疲労対策、CCDでエネルギー補給してます
これを飲み始めて疲労感はかなり減り、翌日の筋肉痛も減りました。

ちなみに併用して水を2リットル程度飲んでいます。

さいごに

ハルクファクターEAA
サプリを使う理由は大きく分けて二つあると考えています。

  • 栄養補助のため
  • 効果があるから
これまで私は前者、栄養補助の観点からサプリを摂っていました。
そのため飲んですぐに体感できるような感じではなく、数ヶ月ほど経過してから
「そういえば、効果あったんじゃね?」
というレベルのものが大半です。

しかしハルクファクターEAAは、最初から認めざるを得ない効果がありました。
「そういえば今朝は疲れてないぞ?」
ということに気がついた時、サプリひとつでここまで変わるのかと驚きました。

筋トレで使うサプリでオススメを聞かれたら、迷わずこれを勧めます!