2019アジアクラブ選手権概要

Vリーグのファイナルが終わりひと段落。
と思いきや、アジアクラブ男子選手権大会が4月18日(木)から始まります。
ちなみに女子は男子大会終了翌日の、4月27日(土)からです。

日本からは男子はパナソニックパンサーズ、女子は久光製薬スプリングスが参加します。
Vリーグのトップチームが、海外でどれだけ通用するのか楽しみですね!

残念ながら、DAZNでもVリーグTVでも中継されないようですが、結果はこのサイトでまとめる予定です。
ここでは、2019年アジアクラブ選手権の概要をまとめます。

あわせて読みたい

2019アジアクラブ男子選手権大会結果【パナソニックパンサーズ参戦】

2020/07/14

2019アジアクラブ選手権大会とは

アジアクラブ選手権大会とは、アジアバレーボール連盟が主催するクラブのバレーボール国際大会です。
アジアのクラブやプロリーグを持つ国のチャンピオンチームが集まり、アジア1のクラブチームを決める大会です。
ちなみに正式には、AVC (Asian Club Volleyball Championship)です。

1999年からAVCとなり、開催地もアジア各国での持ち回りになっています。
残念ながら、まだ日本では開催されていません。

2018年の優勝チームは?

優勝チームに限らず、昨年の順位を見ていきましょう。

男子

日本からは東レアローズが出て、5位でした。

1位 ハータムアルダカン(イラン)
2位 アティラウVC(カザフスタン)
3位 WAPDA(パキスタン)
4位 サネスト カインホア(ベトナム)
5位 東レアローズ(日本)
6位 ナコンラチャシマ ザ モール(タイ)
7位 ランカライオンズ(スリランカ)
8位 ロングパワー(チャイニーズタイペイ)
9位 キャンベラヒート(オーストラリア)
10位 仁斎(ホンコンチャイナ)
11位 アジアワールドクラブ(ミャンマー)
12位 四川(中国)
13位 ビナガ(トルクメニスタン)

女子

日本からはNECレッドロケッツが出て、2位でした。

1位 シュプリームVC(タイ)
2位 NECレッドロケッツ(日本)
3位 中天鋼鉄(中国)
4位 アルタイVC(カザフスタン)
5位 ガルーダ(インドネシア)
6位 PAYKAN(イラン)
7位 VTV BINH DIEN LONG AV(ベトナム)
8位 CMFC VC(チャイニーズタイペイ)
9位 ランカライオンズ(スリランカ)

2019アジアクラブ男子選手権大会概要

開催期間

2019年4月18日(木)~4月26日(金)

会場

台北市立大学天母キャンパス体育館、国立台北教育大学体育館(台北,台湾)
※クウェート、イラクが棄権だそうです。

試合方式

step
1
予選リーグ

A~Dの4グループによるリーグ戦
出場16チームを前回大会の結果から、4グループに振り分け

step
2
プール戦

各リーグ上位2チームによる順位戦
出場16チームを前回大会の結果から、4グループに振り分け
A・Cの上位2チームをプールE、B・Dの上位2チームをプールFとして、それぞれ未対戦のチームと対戦。
(A1位は、C1位とC2位と対戦し、A2位とは対戦しない)

step
3
準々決勝

上記、プール戦での順位を基にトーナメント

step
4
準決勝

ベスト4

step
5
決勝

参加チーム

プール別に紹介します。

プールA

  • チャイニーズタイペイ
  • オーストラリア
  • クウェート(棄権)
  • シンガポール

プールB

  • イラン
  • スリランカ
  • トルクメニスタン
  • インドネシア

プールC

  • カザフスタン
  • タイ
  • カタール
  • インド

プールD

  • ベトナム
  • 日本【パナソニックパンサーズ】
  • イラク(棄権)
  • 香港

2019アジアクラブ女子選手権大会概要

開催期間

2019年4月27日(土)~5月5日(日)

会場

天津武清区体育センター(天津,中国)

試合方式

まだ正式には出てないみたいですね。

step
1
予選リーグ

出場11チームを前回大会の結果から、2グループ(A,B)に振り分け

step
2
8強戦

それぞれ未対戦のチームと対戦

step
3
準々決勝

上記、8強戦までの順位を基にトーナメント

step
4
準決勝

ベスト4

step
5
決勝

-Vリーグ, 観る
-,

© 2020 ウイバレ